理事長写真

ご挨拶

一般社団法人埼玉県老人福祉施設協議会 
         会長 遠井 美智子

埼玉県老人福祉施設協議会では、毎年、埼玉県高齢者福祉研究大会と埼玉県老人ホーム入園者創作品展を同時開催しております。今年度は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、埼玉県高齢者福祉研究大会が中止となりました。第50回埼玉県老人ホーム入園者創作品展のみの開催となりますが、参加者並びに関係者の皆様への影響を考慮し、いつもと志向を変え、新しい生活様式に合わせたオンライン開催をすることとなりました。そのためこのような特設サイトを今回作成いたしました。 
 今年度もすばらしい作品をお寄せいただき、たくさんの皆様に見ていただくことで、作品展を知っていただけると幸いです。この作品は、利用者や介護従事者との絆、喜びを伝え、これからの福祉の未来を明るくすることを目的としております。

そして次回の開催時には、多くの皆様と直接お会いできることを願っております。

oono

ご挨拶

企画運営委員会 委員長 大野裕明

 今年は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界的に様々なイベントが中止となっております。 毎年、埼玉県老人福祉施設協議会では、「埼玉県老人ホーム入園者創作品展」を開催しておりましたが、例年どおりの開催は難しいと判断いたしました。
 このような状況下だからこそ「創作品展」が、ご入居者やそこで働く職員の皆さんの励みになることと信じ協議を重ねてまいりました。その結果、今年はウェブサイトを利用して開催する運びとなりました。
 埼玉県からもご理解とご協力をいただき「令和2年度埼玉県老人ホーム入園者層作品展事業委託金」のご支援を賜りました。
 実際の作品を見ることはできませんが、今までご来場が困難だった方々にもご観覧いただくことが可能となります。また、ご観覧いただいた方からの投票により、上位3作品と介護福祉士養成校等の学生さんが選ぶベストアート賞を優秀賞として表彰をさせていただきます。
 是非、沢山の方々からのご観覧、投票をお待ちしております。会員の皆様のご健勝をお祈りし、ご挨拶とさせて頂きます。

 

埼玉県老人ホーム入園者創作品展とは

老人ホーム入園者が創作した書、絵画、写真、陶芸、手芸などの作品を広く一般に公開することによって、地域社会との積極的な連携を図り、老人ホームに対する県民の理解と協力を深めるため、埼玉県老人ホーム入園者創作品展を開催しております。

埼玉県高齢者福祉研究大会企画・運営委員会では、本会が主催する大会及び作品展を企画・運営しております。

企画運営委員会委員紹介

担当副会長 池田徳幸  委員長 大野裕明  副委員長 池田寛之
委員 釜田幸弘・吉田あつみ・栗原基・馬場 裕史・佐藤幸一・潮田花枝・神谷敏弘
横川浩二・岡田佳祐・飯塚洋一・鈴木隆夫

MENU